駿台 物理の分野別問題集で大阪府立大学  理学部 物理科学科に合格しました!


駿台 物理の分野別問題集 力学/高橋法彦

駿台 物理の分野別問題集 波動 熱編/高橋法彦

駿台 物理の分野別問題集 電磁気編/高橋法彦

難関大学突破のためのハイレベル問題集です。

「力学」、「波動・熱」、「電磁気学」の3分冊からなるシリーズです。

難関大学の受験に対応できるように、それぞれ質・量ともに骨のあるる入試問題で構成されています。

「問題」はA・Bの2種類あります。

A問題には入試の標準的な内容プラスアルファが盛り込まれてありますので、これだけでも基礎の確認から入試の標準レベル、さらにはもう少しうえまで狙える力がつけられるでしょう。

B問題は難関校の問題を中心に、本番で差のつくテーマが盛り込まれてあります。

                 (本書抜粋)

問題はA,Bの2種類に分けて構成されています。A問題には入試の標準的な内容プラスアルファが盛り込まれていますので、これだけでも基礎の確認から入試の標準レベル、さらにはもう少し上まで狙える力がつけられるでしょう。

B問題にはいわゆる難関校の問題を中心にして、本番で差のつくテーマをや物理的に興味深い内容が盛り込まれたものを選びました。満点でなくてもある程度解答を得られれば、かなりの力がついた証拠といえるでしょう。

各章の「まとめ」部分には定義や基本原理、さらには実用的な公式が掲載されて知識の整理ができます。

とてもハイレベルなので東大、京大、医学部レベルにも十分に通用すると思います。

新・物理入門増補改訂版 (駿台受験シリーズ) [ 山本義隆 ]

【レビュー】

・受験勉強の範疇を超えた、物理とは何ぞや?物理とはこういうものぞ!と言う物理現象・物理学の根底から見つめようとする本です。この世の中・宇宙の全てが物理から始まると思える本です。

  • 次男の進学先からの通知で、着校時までに予習しておくようにとのことなので購入。「ウッヒョー!レベルが違う-!!ヤバいーーーー!!」とのことです。でも楽しそうです。

・高校物理の理解がより一層深まる本。ただ入門といえど、0から始めるには厳しい。基礎的な参考書で受験物理の全体の概要をつかんだ後に余裕があったらやるのがいいと思う。

・学校で覚えさせられる公式を論理的に説明してあってわかりやすいです。

・かなり高度です

内容は、微積分を使った物理を真っ向から扱っています。つまりテキスト・レベルの高校物理の範疇を完全に越えています。しかし、国公立や有名私立の理系にいきたい学生や大学で物理を学ぶ学生には、このくらいのことをやっておいた方が良いだろうという考えもあるでしょう。とにかく背伸びした一冊ではありますが、志のある人にお勧めの一冊だと思います。 「浪人したときは良くわからなかったけど、これやっておいてよかった」と知人の息子談。でも、やっぱり一番は基礎をしっかりやることだと思います。基礎がしっかりとしている人、ワンステップ上を目指す人がトライする一冊でしょう。

・息子に頼まれて購入。 微積を使って解く本は少ないのだそうです。 内容には満足しているので良かったのです。

・塾のチューターさんお奨め

これを買ってわからなかったらもっともっと初歩的な本を買い足しなさい。 そう言って塾のチューターさんが娘に薦めてくれたそうです。 さて、初歩的な参考書は必要か否か? …その前にこれを使って勉強をするのか否か?

・受験時代に読み、子供に微分・積分をなぜ勉強しなければいけないか、また、数学と物理の関係を理解させるために購入しました。昔は、上・下巻にわかれていたと記憶しています。

・大学受験勉強

最近の高校では、物理の表面上の公式しか教えず、微積分等の数学を使って、原理を掘り下げた授業をしませんが、それを補完できる良書です。


新・物理入門問題演習改訂版 (駿台受験シリーズ) [ 山本義隆 ]

【レビュー】

・人に勧められ購入。特に不満もありません。


・次男の進学先からの通知で、着校時までに予習しておくようにとのことなので購入。「ウッヒョー!レベルが違う-!!ヤバいーーーー!!」とのことです。でも楽しそうです。

・子どもが予備校での予習・復習で使いたいということで購入しました。 子どもセレクトなので、私は内容は全くわからずです。

・息子に頼まれて購入。 微積を使って解く本は少ないのだそうです。 内容には満足しているみたいです。

・こどもに頼まれ購入。見やすくて良かったみたいです

・良かったです。

すぐに使いたかったので早く手に入り満足しています。

​​

​​


0回の閲覧