量子力学 大阪府立大学 公認


 現代の最先端技術を学び、さらに技術革新を進めることを目指している学生にとって、物理は欠かすことのできない基礎科目です。近代科学のお手本となる物理学は超ミクロの素粒子から超マクロの宇宙までまでを対象とし、その法則を明らかにする物理学は私たちの自然観を豊かにしてくれます。

 内容は大学の4年生になってそれぞれ専門的な分野に進む前の3回生に学ぶ内容です。 

第1章:量子力学の歴史、

第2章:シュレーディンガー方程式、

第3章:1次元問題 束縛状態 

第4章:1次元問題 反射と透過、

第5章:球面調和関数 水素原子、

第6章:物理量と期待値  ブラとケット、

第7章:角運動量

第8章:多粒子系

第9章:近似解法

第10章:散乱

第11章:光の放射

 数学で戸惑うところもわかりやすく説明しています。

ルジャンドル微分方程式の演習問題でルジャンドル陪多項式を導けたことで球面調和関数やルジャンドル多項式の知識が整理できました。

量子力学 岩波基礎シリーズ

        1996年6月6日  第1 刷発行

        2012年4月13日  第19刷発行

著者 原 康夫

下記の広告はネットショップ通販です。


42回の閲覧